NEWS

ニュース

イルソウレ学院の講演会。

2021.09.22

難関中学校の入試に、大きな変化があります。

過去問を解くと言う受験対策は、

無駄が多くて、受験に失敗します。

だから、ピグマリオン教育は、

過去問ではなく、

未来を解決できる創造力を育てているのです。

日本の最難関校、筑駒では、

最近では、代数系の問題がでません。

ニュートン算、鶴亀算、仕事算などの

方程式で解ける問題を

受験塾の算数の授業では、

50%程度も費やしますが、

ほぼでないのです。

筑駒の入試問題の80%近くは、整数論です。

残りの20%は幾何です。

大学受験でも同じ傾向になっており、

これは、IT時代に対応する人材を

養成するためです。

ピグマリオンイルソウレ学院では、

小3〜小4生に、入会後6ヶ月で、

高校数学脳を作ることを目指しています。

算数や中学レベルの数学では、

難関校対策にならないのです。

なぜなら、

難関校の入試テストは、

中学、高校の6年一貫教育をして、

大学受験対策をしている

教師が作っているからです。

大学受験に合格する能力を持つ生徒を

中学受験の時にチェックしてとりたいのです。

さあ、中学校受験だけでなく、

大学受験にも対応した能力を

イルソウレ学院で育てましょう。

緊急事態宣言および新型コロナウイルスによる感染症等防止への取り組み

  • ピグマリオン教室では、現在対面レッスンで対応させていただいております。
    詳しい状況は各教室までお問い合わせください。
    (緊急事態時には再びオンラインレッスンに切り替わる場合もございます。)
  • ピグマリオンPrecious教室では、常時オンラインレッスンでの対応となります。