NEWS

ニュース

神戸大震災の時、灘高の先生は、学生達に、何を語ったか。

2020.01.20

先日聞いた話しです。

神戸大震災は、
日本1の名門校、灘高の生徒達にも
大きな苦難を与えました。

灘高の先生の1人が、
この時、灘高の生徒だった、
現在、ピグマリオンの生徒のお父さん達に
話された言葉が素敵です。

カタチあるものは崩れるが、
学んだことは、崩れない。

この年も、灘高の大学進学実績は、
例年と変わらなかったとか。

更に、東北大震災や福島の問題にも、
灘高生が1番熱心に関わっていると言う
話もあり、
その経験を勉学の情熱としているとも
聞きました。

私が常に語っている、
頭の良い子とは、
他人の為に尽くしたいと考える子だと言う、
一例です。

緊急事態宣言および新型コロナウイルスによる感染症等防止への取り組み

  • ピグマリオン教室では、現在対面レッスンで対応させていただいております。
    詳しい状況は各教室までお問い合わせください。
    (緊急事態時には再びオンラインレッスンに切り替わる場合もございます。)
  • ピグマリオンPrecious教室では、常時オンラインレッスンでの対応となります。