ABOUT

5つのグレード

導入グレード

到達目標(1~3歳児)

『3つ子の魂百まで』という言葉があります。3つ子とは、数えで3歳のことをいいますから、24ヵ月児~35ヵ月児のことです。この時期がどんなに大切さをあらわす言葉です。しっかりとした親子関係の創造を。

能力の種類 到達目標・指導の方法
1 指先能力 2歳児までに、指先能力は完成可能です。できるだけはやく、指先の十全な発達ができるようにしてください。このグレードでは、〈ちぎること〉〈ぬりえ〉〈折り紙〉を楽しみながら、指先能力を育てます。指先能力なくして知的能力は育ちません。
2 図形能力 図形能力は、基本知力、数能力、言語能力の基礎能力です。楽しく図形遊びができるようになるのが、目標です。曲線と直線の違いや、直角の位置に注意したり、大きい図形から置いていったりという、基本的な方法をマスターさせましょう。
3 基本知力 基本知力とは、基本的知的能力の略です。空間・位置・構成・視野の広さなどの能力を総合したものです。つまり、三次元空間把握能力のことです。導入グレードでは、大小、内外、長短、高低、上下、前後、などということばをいっぱい浴びせて理解の土台をつくります。
4 数能力 1~3の認識能力を育てることが、まず目標です。4は、2と2。5は、2と3というように、1~3の数を組み合わせることによって創られていると言う、人類の数創りの歴史通りに指導して貰えば、驚くほどの効果があらわれるでしょう。数えないようにします。
5 言語能力 この時期の能力の発達は、とくに、言語能力の顕著なあらわれかたをします。言葉が驚異的に増え、おしゃべりになってきます。言葉は、認識の道具ですので、認識をリードします。本物の言語能力は、生活の中で育ちます。部分的知識としてではなく、生活の中で育てましょう。

基本グレード

到達目標(2~4歳児)

2~3歳になりますと、行動範囲が拡がり、何でも受け入れるように、何でも遊びの対象にするようになります。この時期に、創造的な能力創りの方法をマスターしてください。

能力の種類 到達目標・指導の方法
1 指先能力 早い目に、指先能力を完成しましょう。〈ぬりえ〉〈切り絵〉〈絵かき歌〉〈ちぎり絵〉〈ライオンのたてがみ〉〈はりえ〉〈折り紙〉〈切り絵工作〉を楽しみながら、指先能力を育てます。指歳能力なくして知的能力は育ちません。知的自立の基本です。
2 図形能力 このグレードも、〈マグプレート〉と〈天地パズル〉で楽しく図形遊びをします。まず、線があるお手本からします。次に、線のないお手本に図形を置かせます。基本的な図形能力を育てます。12種類の図形の名前も意識的に浴びせましょう。
3 点描写と折り紙 簡単点描写、斜めの線の点描写、複雑点描写、鏡絵点描写、上下逆転点描写をします。毎日、折り紙をして、山折り、谷折りの線を確認します。
4 基本知力 このグレードでは、大小、内外、長短、高低、上下、前後、左右など以外に、〈1番~〉〈太細〉〈あしあと〉〈影絵〉〈厚薄〉〈絵の不足〉の遊びプリントをします。〈同類図形〉〈重なり図形〉〈絵の合成〉などは、思考力創りに大切な遊びプリントです。
5 数能力 1~3、1~5、1~10、の数の認識能力と加減算能力を育てることが、このグレードの目標です。数認識を3~5進法でおこないます。このように、3~5進法を前提としないから数えるようになり、数能力の創造ができなくなるのです。
5 言語能力 指先能力、図形能力、点描写と折り紙、空間能力、思考力、数論理能力を育てていますので、自然と言語にも興味を持ちます。〈歌を歌う〉〈読本を読む〉という遊びは、文字や単語を教えるのではなく、文章を浴びせるという方法で言語能力を育てることを意図しています。

初級グレード

到達目標(3~5歳児)

3~5歳児は、精神的知的発達の爆発的発展時期です。図形(形態)把握能力、基本的知的能力(空間把握能力・思考力など)数・論理能力、言語能力を高いレベルで刺激しなければなりません。

能力の種類 到達目標・指導の方法
1 指先能力 3~5歳児のうちに、指先の調節能力を完成させてください。色板トントンの手首の返し、〈切り絵〉〈折り紙〉〈切り絵工作〉などが、自分一人で完全にできるようにしましょう。肉体的自立→精神的自立→知的自立へと誘っていきましょう。
2 図形能力 指先能力の確立は、手と目(みる力)の協応能力を確実に成長させます。そして、各種の図形遊びによって形態的知能といわれる図形能力を、空間的知能の基本知力や、数論理知能の数能力と関連づける事ができるのです。それが、能力を爆発的に向上させる要因となります。
3 点描写と折り紙 複雑な点描写、鏡絵点描写、上下逆転(水面の姿)点描写など、どんな点描写も楽しくできるようにしてください。点描写が大好きという子どもは伸びます。
4 基本知力 能力は、孤立したものでも部分的なものでもありません。それは、トータルな総合的なものです。この時期は、次の完成段階へのもっとも大切な時期です。つまり、構成把握、合成分解、全体把握、判断力などの本質的な基礎能力が育成されるように教材が用意されています。
5 数能力 このグレードでは、ヌマーカステンを使って、1~20の数認識と加減暗算が簡単に学べます。人類の数能力の発達に学んだ5進法からの数能力育成法がそれを可能にしました。『1~20は、〈数と計算〉能力の90%を育てる。』(ペスタロッチ)といわれています。
5 言語能力 童謡唱歌、ぬりえ読本、イソップ物語などで、文章として言語を与えます。それは、言語を文章として学ばせるためです。市販の絵本などを図書館などで借りてきて可能な限り、一人で本が読めるようにしてください。この時期は、自分で読める能力づくりの時期です。

教室紹介