NEWS

ニュース

幾何学教育がない、小学校受験教育が、現実認識力を奪う①

2020.07.06

現実を認識するには、

図形形態能力や、
空間位置把握能力が必要で、
それらがなければ、
数量感覚も育たず、
面積や体積もわからないし、
三角関数や、果ては、相対性理論までも
理解できない。
小学校受験教育は、
全く、それらを育てる事の
重要性を認識している様子がない。
人間の認識能力は、
最初に得た能力に左右される。
低い認識能力は、
現実を認識する能力が低い。
小学校受験教育が育てる能力は、
幾何学能力を含まないので、
その後の知性、感性、人間性を
低レベルにしてしまう。
小学校受験をすることは賛成。
小学校受験教育や小学校受験教室は、
百害あって一利なし。

緊急事態宣言および新型コロナウイルスによる感染症等防止への取り組み

  • ピグマリオン教室では、現在対面レッスンで対応させていただいております。
    詳しい状況は各教室までお問い合わせください。
    (緊急事態時には再びオンラインレッスンに切り替わる場合もございます。)
  • ピグマリオンPrecious教室では、常時オンラインレッスンでの対応となります。