NEWS

ニュース

小学校受験教育は、数学のもつ力と人間性を破壊する②

2020.07.06

数学では、数学を学ぶ過程で出会う、

様々な見方や考え方が、数学と言う知恵の宝庫であると考えています。
 1つのことが分かると、
「では、こんな場合は、どうだろうか、」
「このようなこともできるのではないか」と
次々に、疑問や予想が思い浮かぶのが、
数学と言う学問の特徴です。
 ピグマリオンで、5までが分かれば、10までが、10までわかれば20までが、20までわかれば100までが、100までわかれば、10000までが、自然にわかり、4桁の加減暗算が年中でできるのは、数学の力を育てているからです。
 自分で考えることの楽しさ、自信が、新たなる課題への挑戦心を育てる、これも、数学を学ぶ大切な目的の一つです。
数学の力は、生きる力を生み出すのです。
 小学校受験教育から、そのような数学の力が
生み出せると言うのなら、教えてください。
 小学校受験教育と教室は、日本の幼児から、
数学のもつ力と人間性と人生を奪っています。
 反論をお待ちしています。
続く。

緊急事態宣言および新型コロナウイルスによる感染症等防止への取り組み

  • ピグマリオン教室では、現在対面レッスンで対応させていただいております。
    詳しい状況は各教室までお問い合わせください。
    (緊急事態時には再びオンラインレッスンに切り替わる場合もございます。)
  • ピグマリオンPrecious教室では、常時オンラインレッスンでの対応となります。