NEWS

ニュース

小学校受験教育は、数学が持つ力と人間性を破壊する①

2020.07.06

数学を学ぶことの意義とは何か?

 数学は、人類が数千年の時間をかけて、人類の英知を集めて作り上げてきた学問です。
 現在では、あらゆる学問に論理的基盤をあたえ、経済や科学技術の基盤も与えています。
 現実を様々な見方、考え方で、認識しようとして論理的に考える習慣をつけ、本質を見抜き、正確に判断して確実な見通しを立てるのも、数学の力です。
 そうです。未経験の事柄に対して、筋道と見通しを立てて、対処できるには、数学の力が必要なのです。
 少し考えれば、芸術も、食生活も、経済や社会や自然の仕組みも、数学と深く関わっていることがわかるはずです。
 小学校受験をされることには、反対しません。
子どもに合った学校を選んであげてください。
 しかし、小学校受験教室や小学校受験教育だけは、行ったり、行ったりしてはなりません。
 上記の、数学の力と心が破壊されるからです。
 数学を知らない、数学の大切さをしらない、
酷い算数教育が行われています。
 現実を認識するための、人類の英知の宝庫である数学を手に入れることが不可能になるから。
続く。

緊急事態宣言および新型コロナウイルスによる感染症等防止への取り組み

  • ピグマリオン教室では、現在対面レッスンで対応させていただいております。
    詳しい状況は各教室までお問い合わせください。
    (緊急事態時には再びオンラインレッスンに切り替わる場合もございます。)
  • ピグマリオンPrecious教室では、常時オンラインレッスンでの対応となります。